ビットコインって何?~暗号通貨・仮想通貨・デジタル通貨の違いと特徴

ビットコイン

仮想通貨は主に日本で使われている言葉で、その意味は幅広いようです。ゲームの通貨や、電子マネーも「仮想通貨」と言えます。
ビットコインのことは、世界的には「暗号通貨」と呼ぶほうが主流だそうです。

 

ビットコインって難しい

いちご

理解してる人は少ないそうです

 

暗号通貨・仮想通貨・電子マネーの違いについて、まとめます。

暗号通貨・仮想通貨・デジタル通貨の違い

通貨の種類
  • 法定通貨:紙の通貨、政府が発行している
  • デジタル通貨(digital currency):いわゆる電子マネー
  • 仮想通貨(virtual currency):ゲームなどで使われる通貨
  • 暗号通貨(cypto currency):暗号化技術を使っている通貨→代表例がビットコイン

 

法定通貨とは、通常の紙の通貨で、政府が発行しているものです。

デジタル通貨は、法定通貨をチャージして使うタイプ。Suicaなどですね。

仮想通貨は、ゲームなどでの通貨。ただ、意味は幅広いようで、デジタル通貨や暗号通貨のことも仮想通貨に含まれるようです。

暗号通貨は、暗号化技術を使っている通貨。ビットコインはこれです。

法定通貨は、信頼がカギとなる

法定通貨は、その通貨を発行している国を信頼して使っていることになります。

日本円を使っているとき、意識しているかしていないかにに関わらず、日本という国を信頼していることになります。

国が、「これはただの紙です」と言えば、もともこもありません。

暗号通貨のメリットは、信頼が必要ない部分です。

国が発行しているのではありません。中央に管理者がいないのです。

そういった意味で、安心・安全で、画期的なようです。

暗号通貨の特徴

暗号通貨の特徴
  • 非集中型:中央集権ではない
  • 匿名性:個人情報は必要ない
  • 自己責任:パスワードを忘れてしまうと、取り戻せない

 

ビットコインに代表される暗号通貨は、法定通貨とは大きく違います。

何よりも、国が発行しているものではない、ということ。

権力者という概念がなくなるかもしれません。

また、送金をする際に、自分の情報も送金先の情報も、開示する必要はないそうです。関係性もわからない。ということで、かなりプライバシーは保護されます。

ただ、ひとつ怖いのは、パスワードを忘れてしまうと取り戻せない、ということ。

銀行なら、カードを紛失したり、パスワードを忘れたりしても、なんとかして取り戻すことはできます。

しかし、暗号通貨は完全なる自己責任で、そういうことができなくなるというのは、ネットリテラシーの低い人には不利になるのでは?という疑問がわいてきました。

そのあたりが、特に日本では、怖いというイメージが先行する理由かもしれません。

インターネットに不慣れな人はどうするのだ、と。

しかし、海外のほうが先に当たり前になっていっているので、苦手だとばかりも言っていられません。

きちんと学んでいったほうがよさそうです。

まとめ

暗号通貨は、とにかく画期的だそうで、今後の世界をガラッと変える力をもっているようです。

何よりも、世界で共通して使えるというのが、とてもいいと思います。

それにしても、いろいろ学んでみても、やはり難しいです。なかなか理解が進みません。

あきらめずに勉強していこうと思います。

 

ということで。

 

まとめ

仮想通貨の意味は幅広い。電子マネーも暗号通貨も含まれる。

世界では、「暗号通貨」と呼ぶのが主流だそう。

難しいけど勉強していってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です