10倍売れるWebコピーライティング by バズ部

10倍売れるWebコピーライティング

この記事では、Webコピーライティングを書くうえで必要な要素をまとめます。

 

Webコピーライティング? 何それ?

いちご

商品を売るためのWebページのことです

 

「10倍売れるWebコピーライティング」by バズ部

 

この本には、コピーライティングの書き方が、わかりやすく載っていました。

コピーの構成要素を、簡単にまとめます。

商品を売るためだけではなく、あらゆる文章に活用できると思います。

コピーライティングに必要不可欠な4つの要素~顧客の欲求を刺激すべし!

コピーライティングに必要なものとは、次の4つです。

  1. キャッチコピー
  2. ボディコピー(結果・実証・信頼・お客様の声)
  3. クロージングコピー
  4. 追伸コピー

 

並べ方は3パターン

   

 

 

 

 

次に、それぞれの特性をまとめます。

1.キャッチコピー

キャッチコピーとは、顧客の欲求を刺激する言葉

 

ポイント

  • ターゲットをしぼりこむ
  • ターゲットにとってのベネフィットを考える
  • 「速くて簡単」が最重要!
  • ターゲットの感情を揺さぶる言葉で!
  • ボディとのバランスをとる(内容が一致するように)

 

キャッチコピーを書く際に大事なことは、ターゲットのことを考え、相手が求めるような言葉を選ぶことです。

ベネフィットとは、相手にとってのメリットのことです。

自分にとってのメリットがわからなければ、読もう・買おうという気持ちにはならない。

自分の思いを書くのではなく、常に相手にとってのベネフィットを書く。
それがプロ目線です。

 

また、ちゃんとボディ(中身)と同じ内容にすること。

キャッチコピーと中身が全然違う!となっては、信用されないですね。

当たり前のことですが、気をつけないと、いつの間にかチグハグになっていたりもするので要注意です。

 

そして、キャッチコピーの次にくる、書き出しも重要。

  • キャッチコピー後の書き出しは、顧客が手に入れられる「結果」
  • キャッチコピー後の3~5行で、顧客が将来を描けるようにする

 

つまり、タイトルと最初の書き出しで、ちゃんと心を引きつけようということです。

 

とにかく、キャッチコピーでは、
速くて簡単!ベネフィットを書く! これに尽きます。
そして、最初の書き出しでは、得られる結果を書くこと。

これがいったい、なんの役に立つの?ということがわからなければ、読まれないですよね。

中身を読んでくれるかどうかは、キャッチコピーと書き出しで8割が決まる。

しっかり書いていこう。

2.ボディコピー

ボディコピーでは、顧客が感じる4つの疑問に答える

 

 

4つの疑問とは?

  • 結果これは私に何をしてくれるの?→ 手に入れられる変化を示す
  • 実証なぜ、これが私の役に立つの?→ 三段論法で伝える
  • 信頼ところで、あなたは誰?→ 実績・創業年数・権威者からの推薦などで、売り手と商品に対する信頼を与える
  • 安心本当に私にも効果があるの?→「お客様の声」を載せて安心を与える

 

 

チェックポイント

  • 一貫して、ベネフィットを伝えているか
  • 読み手の欲求・恐れを刺激しているか
  • 主語は「私」ではなく、「あなた」
  • 1対1で話しかける
  • 小見出しを活用する
  • やさしい言葉で書く
  • 一文は短く
  • 他の商品ではなく、これを買わなければならない理由
  • 友好的で人間味のあるコピー
  • 感情・熱意を込める
  • 2~5個くらいの例え話を入れる

 

なお、三段論法とは、次のようなことです。

三段論法
  1. AはBである
  2. BはCである
  3. つまり、AはCである

 

例えば……

  1. キャッチコピーに必要なのは、相手の欲求にこたえる言葉
  2. 相手の欲求とは、「速くて簡単」なこと
  3. つまり、キャッチコピーに必要な言葉は、「速くて簡単」なもの

 

三段にすると、説得力を与える効果があります。

 

まとめると

結果が一番先!

実証→信頼の順で、安心を与えるレビューは好きな場所に配置。

 

 

3.クロージングコピー

4つの魅力的なオファーで、決断を先延ばしにさせない

人は、自分では決断できないものです。そして、常に先延ばしをしようとします。

でも本当は、後押しを求めているもの。

「背中を押す」ことも、相手の欲求にこたえることだと心得て、今すぐ決断できるように書いてあげることが重要です。

 

【後押しに必要なもの】

  • 速くて簡単
  • 希少性(個数や期限など)
  • 特典(プレミアム性)
  • 保証

 

 

チェックポイント

  • オファーを提供する理由
  • 最低でも1つの特典
  • 特典のベネフィット
  • 希少性の演出
  • 保証の強調
  • 注文方法が簡単
  • お得感のある価格の提示方法
  • お申し込みボタンの文言は、「無料」や「簡単」

 

「後押し」は人間の潜在的欲求。

そこを考えれば、書きやすくなると思います。

決して、相手を取り込むという悪どいやり方ではないということです。

4.追伸コピー

追伸は、斜め読みする人にも要点を把握してもらう重要な役割

追伸は、とっても大事なものだそうです。

なぜなら、人は中身をじっくりは読まない。最初と最後を見るからです。

だからキャッチコピーと同じくらい重要なのが、追伸コピーと言えます。

ザックリと下までスクロールして、一番最後に目にとまるのが追伸コピー。ここも手抜かりなく書いていこう。

 

 

ポイント

  • 商品のベネフィットをまとめて伝える
  • 希少性の注意事項を伝える
  • 商品を手に入れられなかったらどうなるかを伝える

 

構成要素はわかりましたが、ターゲットを知らないと話にならないですね。

次に、ターゲットを知る方法について、なるほど!と思った部分を抜粋します。

ターゲットを知る~見込み客のサイコグラフィック変数の収集

「サイコグラフィック変数」とは、心理学的変数という意味で、具体的には、ターゲットの価値観、ライフスタイルなどの趣味嗜好を指します。

それを把握することで、コピーの効果がグッと変わるそうです。

 

サイコグラフィック変数を把握しよう

  1. 価値観:重視しているものは、仕事・お金・家族・人間関係・健康?
  2. ライフスタイル:①都会VS ②田舎、③仕事 VS ④趣味
    • アーバンライフ:都会の派手なイメージ
    • カントリーライフ:田舎の、のんびりした雰囲気
    • キャリアライフ:出世、給料が上がるなどの「地位や評判」
    • リラックスライフ:人生が楽しくなること、充実やレジャー

 

【サイコグラフィック変数を知るための方法】

  1. 友人・知人に聞く
  2. 雑誌で調べる
  3. ソーシャルメディアで調べる

 

サイコグラフィック変数を知ることを、つい怠ってしまいがちではないでしょうか。

「良いものだから売れるはず」と考えるのではなく、ターゲットの需要・欲求をちゃんと把握し、戦略を練っていくことです。

 

2011年に注目のベンチャー100に選ばれたあるアメリカの企業は、すべての商品に対して、こと細かにアンケートを取って、このサイコグラフィック変数を集めています。そして、そのデータをもとに次々と新しいサービスを生み出しヒットさせています。

 

アメリカのある有名なコピーライターは、頭の中に浮かんで来た人物像に近い人間の写真を、いつでも見られる場所に貼付けて、コピーを書いているようです。

やり過ぎだと思われるかもしれませんが、ここまでやると、必ず、良いコピーが頭から泉のように湧き始めます。

 

相手の欲求を知るということに、無頓着すぎていたかもしれないと、反省しました。

ちゃんと把握したうえで、世へ送り出そう。

まとめ

相手にとって魅力的な言葉を使う
相手のベネフィットを書く
相手に安心を与える

これらは、ふだんのコミュニケーションでも大事なことだなと思いました。

どれだけ独りよがりの言葉を吐き、「わかってくれない」とボヤいていることか……。

相手目線で考えるということが、仕事でも人生でも、伝わるポイントですね。

日常生活から心がけていこうと思いました。

 

ということで。

 

まとめ

速くて簡単!という相手にとってのベネフィットを書く。

安心と信頼を与える。

ふだんから心がけよう

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です