怒りは己に対する過大評価から生じる by セネカ

名言

怒りは己に対する過大評価から生じる

by セネカ

 

なかなか怖い言葉ですね。

怒ったりイライラしたりするのは、自分自身への過大評価。

「本当は、こんなはずじゃないのに」

「本当は、もっと褒められるはずなのに」

そんな気持ちなのかもしれません。

「自分はすごい」と思っているのに、わざと謙虚なフリをして、怒りをためこんでしまうということでしょうか。

だったら、「自分はすごい」と素直に認めてしまうほうが、本当に謙虚な人になれるのかも?

怒りを感じたときは、もっと自分を認めてあげよう。

逆に、怒ってる人を見かけたら、「この人は自分のすごさを理解してほしいんだな」と見てあげればいいですね。

胸に刻みたい言葉だなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です