自分に合った仕事選びの3つのコツとは?|「最速のリーダー」by 赤羽雄二

自己肯定感を得られる仕事、先手必勝、相談できる人を見つける。これが、自分に合う仕事選びのコツ。

 

「最速のリーダー
最小の時間で最大の成果を上げる」by 赤羽雄二

 

この本を読んで一番感じたことは、「最小の時間で最大の成果を上げたい仕事かどうか?」ということです。

本に書いてある内容は、すでに仕事をしている人に向けたものですが、私としては、仕事選びの段階から、そこを意識することが大事だなと感じました。

今回は、その3つのコツについてまとめます。

自己肯定感を得られる仕事とは?

自己肯定感。

何をするにも、それが一番大事だそうです。

だから、仕事を選ぶときも、何をすれば、自分を肯定する気持ちが大きくなるか?を基準とすること。

そうじゃなければ、苦しいだけですね。

 

自己肯定感とは

自分を受け入れ、自分を尊重し、自分の価値を感じ、自らの全存在を肯定できる感覚

 

仕事をとおして、自己肯定感を高めることができるなら、こんなに幸せな働き方はないでしょう。

では、自己肯定感を得られるような仕事とは何か?

それは、次の2つに注目してみるといいそうです。

 

  1. 人に感謝され、
  2. 自分でも頑張ったと言えること

 

人に感謝される一方で、自分で実感ができなければ、人のために疲弊することになります。

逆に、自分では頑張っているのに、人から感謝されることがなければ、何のためにやっているのかわからなくなるのは当然のこと。

だから、2つのバランスがちゃんととれていることが重要です。

すでに仕事についている人は、今の仕事のなかで、どうすれば自己肯定感が得られるかを考え、自分で工夫してみるといいでしょう。

また、部下のいる人は、部下の自己肯定感も高めてあげられないといけません。

そのためには、何が人をヤル気にさせ、何が人を成長させるのか、よくよく考えてみる必要があります。

「最速のリーダー」とは、自分も自己肯定感が高く、他人の自己肯定感も高めてあげられるリーダーだそうです。

 

仕事選びで重要なことは、「自己肯定感が得られるかどうか?」ですね。

「先手必勝」こそ仕事における重大事

「先手必勝」と念仏のように唱え、一番難しい仕事に目をつぶって飛び込んでみるしかありません。何回かやっていると、だんだんと習い性になっていきます。

 

「先手必勝」とは、あらゆる成功したビジネスパーソンが言う言葉です。

「遠慮」は悪。「ためらい」は悪。

そう思って、何ごとも先手で挑んでいく。

それこそが、自分を一番、成長させるポイントのようです。

自分の成長をはばむ大きな要因は、「自分はまだ勉強中だから……」という言葉。

「上司がなんだ、自分が全部やる。横で見ていてくれ!」という気概を持つことが、先手必勝を加速させるのだそう。

 

まだまだ未熟だし……
まだまだ勉強が足りないし……

 

私は、しょっちゅう言ってしまっています。

そうすると、じゃあいつになったらOKなのか?という問題が出てきますよね。

「まだまだ」と言っているかぎり、いつまでたっても動き出せない。動き出さないための言い訳なのかもしれません。

だから、まだまだだけど、とにかく先手必勝だ!と思って、動くしかないようです。

そして、先手必勝をしたことで、どれだけの成果を得られたかを可視化していくと、より効率よく習慣化できるそう。

「先手必勝」を念仏のごとく。

つぶやきながら、やってみようと思いました。

ただ、やみくもに動くのではなく、次のようなことを意識するといいそうです。

 

  1. 自分なりのプランを作る
  2. 自信がない部分は相談する
  3. 先にアウトプットイメージを作り、周囲の理解を得る
  4. 少なくとも週1回は、上司に進捗を報告する
  5. 計画通りに進まないときは、すぐ相談する
  6. 自分の力を超えたら、すぐ相談する

 

6つのうち、3つが「相談」で、1つが「報告」、1つが「周囲の理解」。

つまり9割は、他者とのかかわり合いです。自分だけでやることは、たったひとつ。

「先手必勝」とは言っても、結局は、他者の協力を得て、他者に頼るという姿勢が重要なのだということです。

一人だけでやるのではない。そして、一人だけでやらなくていい。

自信のある人とは、そういう人だということでしょう。

 

もうひとつ大事なのは、やはり、「先手必勝」したいと思える仕事かどうか、ということではないでしょうか。

苦手なことや、ヤル気が起きない自分に挑戦するという姿勢は大事ですが、そもそもが、そうしたいと思える仕事であれば、より早いはず。

 

仕事選びのコツの2つ目は、「先手必勝したいと思えるかどうか?」です。

何でもすぐ相談できる相手を見つける

何ごとも、一人では成し遂げられない

個人的には、相談できる相手を見つけることが苦手なのですが、その一方で、ちょっとした安心感にもなりました。

一人でやらなくていいのです。

自信がないなら、できる人に相談する。頼る。

自分に欠けている部分は、誰かに補ってもらえばいいのです。

そうすれば、「プレッシャーに負ける」という状況自体が、回避できるのです。

「相談すればいいのだ」という安心感が、自信につながっていきます。

 

仕事選びでは、「相談できる人がいそうかどうか?」そこも基準の一つに入れるべきですね。

まとめ

自信と自己肯定感があれば、自分が今どういうスキルレベルか冷静に判断し、「ビジョンを実現するには何をどうするのか」「スキルをどう高めていけばいいか」を考え、落ち着いて計画を立て、着実に実行することができます。周囲の助けも得ながら、もっと上を目指すことができます。

 

とにかく、「自己肯定感」というものを強調されていました。

人に相談するというのも、自己肯定感がなければできないことです。

「人に頼る自分は情けない」と思ってしまうからですね。

だからこそ、仕事選びの段階から、「自己肯定感が得られる仕事」を強く意識したほうがいい。

そして、仕事を始めてからは、「自己肯定感を得るために」どうしたらいいかを考えていく。

自己肯定感の低いリーダーは、人を育てられないそうです。

どんなときにも「自己肯定感」。そこを見つめていこうと思います。

 

また、仕事のスピードアップ方法としては、次のようなアドバイスが書いてありました。

 

  • 何でもすぐ相談できる相手を何人も見つける
  • 受けとった資料は、2~3秒で見て捨てる
  • 最初にアウトプットイメージを作成する
  • 探しものをゼロにする

 

自分で悩みすぎず、ムダを省いて最速で仕上げていくことが、自己肯定感を高める、すなわち、「最速のリーダー」の条件です。

そのようなリーダーになりたいかどうか、なりたいと思える仕事を選びたいものです。

 

ということで。

 

まとめ

自己肯定感を得られる仕事

先手必勝がしたいと思える仕事

相談できる人がいる仕事

そうすれば、「最速のリーダー」になれる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です