映画『Diner ダイナー』感想~自分の存在理由を考えた映画

ダイナー

想像力・誰かに必要とされること・夢、そんなことをこの映画を観て考えさせられました。

映画『Diner ダイナー』を観ました。

物語の是非はともかく、映画から伝わってくるメッセージには心が響きました。

個人的に、特に印象に残ったセリフを3つ、紹介します。

想像力のないヤツは死ね

想像とは、「思い込み」を外すことかなと、この映画で感じました。

想像力が大事なことは、言うまでもない。

ただ、ほとんどの場合、想像ではなく「妄想」が多いのではないかと思います。

きちんと確かめもせず、勝手に妄想して、勝手に解釈して、それこそが正解だと思って突っ走る。

つまりは「思い込み」です。

殺し屋の人たちも、主人公も、今の現実があるのは、「□□だから、◯◯に違いない」という思い込みのもと、生き続けているような印象を受けました。

その思い込みをはずしてみたとき、「想像」の力が働くものかもしれませんね。

ちなみに仕事上では、「想像」は禁物。

きちんとリサーチをして、分析して、検証しなければならない。

日本語の「想像」という意味が、少し違うのかもしれません。

英語で「イマジネーション」というと、創造力や構想力まで含まれるようです。

そして、「想像力のないヤツは死ね」と言う前に、説明してあげることが必要なのではないかとも思います。

何も説明せずに「自分で考えろ」式の、日本のやり方っぽいなと感じました。

想像力について、いろいろ考えることができたので、そういう意味で、とても刺激をもらいました。

要らなくなんてない

「要らなくなんてない」、これが、この映画全体に一貫しているテーマのようでした。

「自分の居場所がない」「自分がここにいていいのかわからない」、そんな不毛感・虚脱感を抱えた人間が、どうすれば希望をもって生きていけるのか。

それは、誰かに必要とされること。

「あなたが必要だ」と言ってもらえないと、人は生きていけないものです。

そして、必要とされる人間になるためには、自分で決めて、自分で歩んでいかなければならない。

両親に愛されなかったことは不幸なことだけれど、親の呪縛からは一刻も早く脱出しなければならない。

悲しみと寂しさを癒しつつ、必要とされる自分に成長すること。そして、誰かに「あなたが必要だ」と言ってあげること。

結局は、人との関わりの中でしか成長できないものなのでしょう。

殺し屋になった人たちは、人生のどこかで、人との関わりを断ち切ってしまったようでした。

言い訳せずに、自分の存在理由は自分で創っていく。相手にも感じさせてあげる。

そんな関わり方ができたらいいなと思いました。

望みが叶わないほうが、生きる希望を持てる場合がある

望みが叶ってしまったから死を選ぶ、そんな場面がありました。

このセリフを聞いて、様々な意味が頭に浮かんできました。

1.「叶わない」と嘆きつつ、本当は叶ってほしくない

望みが叶わない、何もかもうまくいかないと嘆くとき、本当は「嘆きたいだけ」なのかもしれません。

実は、叶えたいとは思っていない。叶ってしまったときのことを考えると怖いのです。

つまり、「悩んでいたい」「悩んでいる自分が好き」ということでしょうか。

こういうことって、意外と多いような気がします。

 

  • 叶ってしまったら、どうすればいいのかわからなくなってしまう
  • 叶ってしまったら、次の目標を見つけなければならない
  • 叶ってしまったら、同情されなくなる
  • 叶ってしまったら、かわいそうな自分でいられなくなる

 

上記のような理由から、叶わないことを望んでいるという現実はよくありますね。

だから、他人の悩みを聞くときは、話半分で聞いたほうがいいかもしれません。叶えることを望んでないかもしれないので。

そして、自分が「叶わない」「思い通りにいかない」と悩んだとき、本当にそうなのか?と疑ってみる余地はありそうです。

2.「見果てぬ夢」を持っていると生きる希望が出てくる

すぐに叶ってしまうような簡単な目標ではなく、一生をかけて叶えていく「見果てぬ夢」を持つことが、人間にとっては大事なのかもしれません。

常に手が届かない。常に努力しなければならない。だからこそ成長するのでしょう。

「見果てぬ夢」があることは、幸せなことですね。

そのような高い目標・夢を持っていたほうが、イキイキと生きていけるのではないでしょうか。

どうせなら、高みを目指そう。

3.叶わないときこそが、一番キラキラしているとき

「叶ったら幸せになれる」とつい思ってしまいますが、実は「叶ってない」状態こそが幸せであり、もっともキラキラしているときかもしれません。

だから、「叶わない」と嘆くのではなく、「幸せってことかな?」と考えてみるといいのではないでしょうか。

とにかく、叶ってしまったらつまらないもの。

そう思って、常に今の状態を楽しんでいきたいですね。

 

ということで。

 

まとめ
映画「ダイナー」は、自分の中の、どう生きていきたいか?というテーマを刺激してくれる。

物語に関する批判よりも、自分の人生を考えながら観てみるといいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です