動物占いでコミュニケーションが改善するって本当なのか?

動物占い

動物占いなんてバカげてる……。ずっと、そう思ってました。「占い」というものが、あまり好きではなかったのです。
だけど、学んでみて一変しました。コミュニケーションに悩むなら、ぜひ動物占いを参考にしてみてください!

占いなんて、信じない

いちご

すべてではないけど、参考にはなります

 

生年月日で人の性格がわかるのか?

とても疑問に思っていましたが、生命はすべて、宇宙のリズムに則っていることを考えると、あながち否定もできません。

統計学なので、もちろん例外もあるし、すべてを鵜呑みにするのは良くないのですが、コミュニケーションの参考としては、かなり役立つものだと感じました。

少し知っているだけでも、だいぶ対応方法が変わると思います。

動物占い~12タイプの動物にわける

動物占いは、生年月日から、その人の性格や運勢を占うものです。

昔からある占いに、わかりやすく動物に例えたものです。

統計学ですね。

これがけっこう参考になるので、ぜひ、自分や周囲の人が、何に該当するのかをチェックしてみましょう。

参考 生年月日で動物を調べる動物占い公式サイト

 

それぞれの動物の特徴も、上記サイトでわかりやすく説明されています。

個性を判断する手助けになると思います。

動物を、さらに3タイプにわける

動物の特徴は、動物占いの公式サイトからわかりますが、これを算命学とかけあわせて、さらに3タイプにわけることができるそうです。

大きく3タイプにわかれる

  1. 結果タイプ:オオカミ、サル、トラ、コアラ
  2. 人柄タイプ:黒ヒョウ、ヒツジ、コジカ、タヌキ
  3. 直感タイプ:チーター、ライオン、ゾウ、ペガサス

 

3タイプのコミュニケーション・パターンを図にしました。

動物占い

それぞれのタイプが、何にストレスを感じ、何を快感と思うかを把握しておくと、コミュニケーションのときの言葉選びがラクになります。

例えば、人柄タイプの人は、具体的な数値やデータよりも、「人の役に立つんだよ」という言葉のほうが響く傾向があるというのです。

 

私自身は、チーターの直感タイプです。

正直なところ、「直感だけはないだろう」と思っていたので、とても意外で驚きました。

でも、学んでみると、たしかに。

長々と説明されるよりも、ビジュアルで、パッと訴えてくれたほうが好きなのです。

そして、「不自由さ」が何よりも嫌い。自由にやりたくなります。

なかなか当たっているなぁと思いました。

自分が何タイプかを知っておくと、どんな行動をとれば自分が満足しやすいかということが、わかるようになってきますね。

また、私がわかりやすい方法が、他者にはわかりづらい、ということが多いので、とても悩んでいましたが、その理由も一目瞭然。

人柄タイプの人に、直感タイプのやり方で話すから、理解されなかったんだなぁと感じ、じゃあ仕方ないかと思えてきました。

しかも直感タイプは、全体の割合では一番少ない。実際に、わかりあえる人が少ないので、非常に納得しました。

自分とは違うタイプの人には、どう話したらいいのか、ちょっと工夫が必要なのだと思います。

まとめ

占いを信じすぎるのもよくないけれど、自己理解と他者理解を深めるためのツールとして利用すれば、なかなか良いものです。

ぜひ、コミュニケーションの参考に。

 

ということで。

 

まとめ
私が直感タイプだったとは!

ならば、直感タイプらしく、堂々と生きよう。

周囲の個性も、理解していきたい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です