【自己との対話】エンプティ・チェアとインナーマリッジのすすめ

余計なことを言ってしまったのではないかと、気になって仕方ないときがある。相手はもう、忘れているかもしれないのに。

 

いつまでも覚えているのは自分だけ。たいていの人は、私の話を覚えていない。

「この前も言ったのに?」と思うことはしょっちゅう。違和感を抱きながらも、また同じ説明をすることになる。

そう、人は、他人のことなんて忘れるもの。

それなのになぜ、いつまでも自分だけが引きずってしまうのだろう。自意識過剰なの?

原因は、「今」にはない

ずっと気になってしまう原因は、カゲで文句を言われていた過去のせいだろう。

「人は自分のいないところで、自分の文句を言っているもの」――そう強く信じてしまっているのです。

子どもの頃、母が「娘がかわいくない」と言っていて。兄が、「妹がムカつく」と言っていて。学校でも、女子にありがちなヒソヒソ話は日常茶飯事。

たぶん、それらの傷がけっこう深いのかな、と。

その瞬間は、「大丈夫、大丈夫。気にしなくてもいい」と思い、やり過ごしていましたが。

あの頃は、ポジティブ思考をしていたのです。

ポジティブに考えられなくなったのは、それらの傷が、いつのまにか積もり積もって、キャパオーバーしてしまったから。

だから、原因は「今」にはない。

どれだけ人に励まされたとしても、どれだけ「気にしなければいい」と言われたとしても、変われないのは、原因は「過去」にあるから。

他者に対しても疑問に思うことがあります。

なぜ、そんなことを言うのだろう? なぜ、そんな行動をとるのだろう?

しかし、どんなに考えてもわからないし、何を言ったところで相手は変わらない。

やはり皆、原因は「過去」にあるのではないでしょうか。「今」だけを見ていても、決してわからない。

自己理解も他者理解も、難しいのは、「今」だけではわからないから。

自己理解と他者理解は同じ

自分の過去を掘り下げることは、他者を理解することにもつながるのだろうと思います。

自分が、無数の「過去」に傷ついてきたように、誰もがきっと、傷ついた「過去」を背負っているから。

自覚があるにしろ・ないにしろ、人は皆、「過去の経験」をとおして「今」を判断しています。

他者の言葉が理解できないときは、どんな過去があったのだろうかと考えてみるといいのかもしれません。少しは、理解する気持ちが出てくるかな。

相手の過去を、思いやってみるということ。

だから、自分の過去についても、もっとやさしく見てあげよう。それが、他者の過去をやさしく見ることにもなる。

エンプティ・チェアとインナーマリッジ

「また余計なことを言ってしまった」と思うとき、過去の自分を思い出し、あの頃の傷を見つめてみる。

傷ついている幼い頃の自分を、なぐさめてあげ、抱きしめてあげる。

心理学療法で、「エンプティ・チェア」と呼ばれているものがあります。

 

エンプティ・チェアの方法
  1. 誰も座っていない椅子に、幼い頃の自分が座っているのだと仮定する。
  2. 幼い自分に、やさしく語りかけてみる。

実際に、椅子を用意すると効果的。

 

そして、自分との対話だけでなく、自分で一人二役をやり、他者とも対話をします。

 

  1. 本当は言いたかったこと、言えなかったことを、誰も座ってない椅子に向かって吐き出す。
  2. 次に、相手になりきって、相手の意見を自分が代弁する。

 

相手とは、架空の相手でもいいそうです。

例えば、自分がカウンセラーにでもなったつもりで、カウンセラーの自分が自分に語りかける、といった方法。

また、自分の中の2人の自分、という設定で対話することを、「インナーマリッジ」というらしいです。

「自分との結婚」という意味。

相反する2人の自分が、自分の中でつながることができれば、心は落ち着いてきます。

人はたいてい、何かをやろうとするとき、心の中で葛藤をするものですね。相反する意見が、自分の中でこだまするのです。

その葛藤を、漠然としたままにするのではなく、ちゃんと言葉にして自分と自分とで対話をしようということです。

人間関係は、自分との関係から始まると言われているので。自分が自分と仲良くできてこそ、他者とも仲良くできるものかもしれません。

自分との対話がうまくできるようにれば、きっと何かが変わっていくでしょう。

迷ったときには、エンプティ・チェアとインナーマリッジを思い出してみてください。

 

まとめ
エンプティ・チェアで、幼い自分に語りかける。

もしくは相手の立場から、自分へ語りかける。

自分と自分との対話は、インナーマリッジ。

インナーマリッジがうまくいく人は、実際の結婚生活もうまくいくもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です