【自己との対話】エンプティ・チェアとインナーマリッジのすすめ

今日も心臓がドキドキする。


余計なことを言ってしまったのではないかと、気になって仕方ない。

考えてみれば、何かイヤなことを言ってしまったとしても、相手はしばらくすれば忘れ去っている。

いつまでも覚えているのは自分だけだ。

その証拠に、たいていの人は、私の話を覚えていない。
「この前も言ったのに?」と思うことがしばしばある。違和感を抱きながらも、また同じ説明をすることになる。

周りの人は、私が言ったことなんて、すぐに忘れてしまうのだ。

それなのになぜ、いつまでも自分だけが引きずってしまうのだろう。自意識過剰なのか?

いや、その原因はきっと、カゲで文句を言われていた過去のせいだろうと思う。

「人は自分のいないところで、自分の文句を言っているもの」
そう強く信じている。

子どもの頃、母が親戚に、「娘がかわいくない」と言っていた。
兄が、「妹がムカつく」と言っていた。

本人たちは、私が聞いているなんて思ってもいなかっただろうが……。

学校でも、女子にありがちなヒソヒソ話は日常茶飯事であった。

自分で思っていた以上に、それらの傷が深かったのだと今になって実感する。
その瞬間は、「大丈夫、大丈夫。気にしなくてもいい」と思い、やり過ごしていた。
あの頃は、ポジティブ思考をしていたのだ。

私がポジティブに考えられなくなったのは、それらの傷が、いつのまにか積もり積もって、キャパオーバーしてしまったからである。

だから、原因は「今」にはない。

どれだけ人に励まされたとしても、どれだけ「気にしなければいい」と言われたとしても、変われないのは、原因は「過去」にあるためである。

他者に対しても疑問に思うことがある。

なぜ、そんなことを言うのか?
なぜ、そんな行動をとるのか?

しかし、どんなに考えてもわからないし、「そんなことは言わないほうがいい」「そんなことをしないほうがいい」と言ったところで、相手は変わらない。

やはり皆、原因は「過去」にあるのだろう。「今」だけを見ていても、決してわからない。
他者理解が難しいゆえんである。

そう考えれば、自分の過去を掘り下げることは、他者を理解することにもつながるのではないかという気がしてくる。

自分が、無数の「過去」に傷ついてきたように、誰もがきっと、傷ついた「過去」を背負っている。

自覚があるにしろ、ないにしろ、人は皆、「過去の経験」をとおして「今」を判断しているのだ。

他者の言葉が理解できないときは、どんな過去があったのだろうかと考えてみるといいのかもしれない。少しは、理解する気持ちが出てくるのではないか。

相手の過去を、思いやってみるということだ。

そのためにも、自分の過去についても、もっとやさしく見てあげよう。
それが、他者の過去をやさしく見ることにもなる。

「また余計なことを言ってしまった」と思うとき、過去の自分を思い出し、あの頃の傷を見つめてみる。

傷ついている幼い頃の自分を、なぐさめてあげ、抱きしめてあげる。

心理学療法で、「エンプティ・チェア」と呼ばれているものだ。


誰も座っていない椅子に、幼い頃の自分が座っているのだと仮定し、その自分に、やさしく語りかけてみる。

実際に、椅子を用意すると効果的だそうである。

このエンプティ・チェアは、自分との対話だけでなく、他者との対話にも役立つ。自分で一人二役をやるのだ。

本当は言いたかったこと、言えなかったことを、誰も座ってない椅子に向かって吐き出す。
そして今度は、相手になりきって、相手の意見を自分が代弁する。

もしくは、架空の相手でもいいようである。
例えば、自分がカウンセラーにでもなったつもりで、カウンセラーの自分が自分に語りかける、といった方法だ。

また、自分の中の2人の自分、という設定でもいい。
「行きたい」「行かないほうがいい」などのやり取りを実際に椅子に座ってやってみる。

このことを、「インナーマリッジ」ともいうらしい。「自分との結婚」という意味である。
相反する2人の自分が、自分の中でつながることができれば、心は落ち着いてくる。

人はたいてい、何かをやろうとするとき、心の中で葛藤をしている。
相反する意見が、自分の中でこだまする。


その葛藤を、漠然としたままにするのではなく、ちゃんと言葉にして、自分と自分とで対話をするのである。

エンプティ・チェアは、なかなかいい方法だ。
人間関係は、自分との関係から始まると言われている。
自分が自分と仲良くできてこそ、他者とも仲良くできるもの。

自分との対話がうまくできるようにれば、きっと何かが変わっていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です