脳科学にみる、キャッチコピーの重要性~難しい話は大キライ

ライティング

やっぱり原始脳(もっとも古い脳)は強い! 人を動かしたいなら活用しよう。

原子脳

 

例えば、いま起きなきゃ遅刻するなぁと思いつつも、寝てしまうときがある。


でも、「火事だ!」と言われれば、どんなに熟睡してても飛び起きたりする。


それが、原始脳の力。

 

理性脳だけに訴えても「わかっちゃいるけど……」となるのが、関の山。

 

脳は、生存の危機を感じなければ動かないようにできているんです。

 

なぜなら、エネルギーを節約したいから。

 

よく、「脳は怠け者」とも言うけれど。

 

「死なない」ことが最大の使命なので、余計なことにはエネルギーを使わない。

 

最高の断捨離とも言える。

 

だけどやっぱり、人間らしく生きていたい♪

 

あとからムクムクと理性が働き出します。

 

よく考えたら不安になってきた、というのは、原始脳→理性脳という順で感情が動くから。

 

だから、人を動かすコツは、

 

  1. 原始脳を刺激して、
  2. 理性脳を納得させる。

 

この順序が大事。


キャッチコピーは、脳科学に基づいたものです。

目を覚ますために頬っぺたをピシャっと叩くようなもの。

 

難しい話だけをひたすら続けると……

確実に嫌われることができます♪笑


必ず、原始脳→理性脳という順。


覚えておくと、自分のモチベーション維持や他人の説得などに活用できそうですね(〃▽〃)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です