自信を持つためのありとあらゆる工夫をする~「成長思考」

成長思考

成長するとは、「自信を持つこと」を目的として、あらゆる工夫をすること。
自信がもてなければ、成長したという実感はありません。

 

「成長」なんてどうでもいい

いちご

自信を持つことを目的にしてみよう

 

成長したいとは思えなかったとしても、自信をもちたいと思わない人はいないのではないでしょうか。

「成長する」とは、「自信を持つこと」

そう思えば、取り組みやすくなるかもしれません。

 

「成長思考」by 赤羽雄二

成長を妨げるもの~「自信のなさ」と「劣等感」

成長の大きな敵は、「自信のなさ」と「劣等感」

「自信のなさ」と「劣等感」を克服していくことが「成長する」ことになります。

根拠のない自信を持つ

「わからないけど、きっと自分には切り抜けられるだろう。これまでもできたし、きっと大丈夫。もしわからなければ、彼に相談すれば何とかなるはず」といった程度の自信です。

 

ここでのポイントは、相談できる人をつくっておくことだと思います。

「あの人に相談すれば大丈夫」という安心感が、自信につながる。

自分ですべてをやるわけではないので、強がりにはなりません。

劣等感は誰もが持っている

「実は、ほとんど誰にでも劣等感がある」ということを知れば、「なんだ、そうだったのか」「自分だけじゃないんだ」「社長も、あの偉そうな部長も、劣等感がすごくあるのに、何とかその立場で頑張っているんだ」ということで、はるかに気が楽になると思います。

 

劣等感とは、「人と比べて、自分は劣っている」という感覚。

比べるものがなければ、劣っているかどうかの判断はできません。

つまり、すべては、他人との相対比較ですよね。これは脳のシワザで、仕方のないもののようです。

100円よりも1000円のほうが価値が高い、というのも、100円と1000円を比べるからこそ、わかること。

すべては、比べて評価する。逆に、比べるものがないと、脳は困ってしまうのです。

 

だから、劣等感が強い原因は、次の2つです。

劣等感が強くなる原因
  • 相手の良いところを、見すぎる
  • 自分の悪いところを、見すぎる

 

相手が素晴らしく良すぎて、自分が恐ろしいほどダメなのであれば、差がひらきすぎてしまいます。その差の分だけ、劣等感が強くなるのです。

だから、対策としては……

  • 相手にも劣等感があることを、考える
  • 自分を褒める

 

差を縮めていくことが大事ですね。

「自信」と「劣等感」は自分で決める!

自信がなく劣等感や被害者意識があると、まずネガティブな見方をしてしまいます。ネガティブな解釈が習慣化してしまう、という問題です。(中略)

「ネガティブなことを言うと、まわりがあれこれ対応したり、カバーしたりしてくれるので、内心まずいかなと思いつつ、ついやってしまう」ということはないでしょうか。

 

ネガティブに考えてしまうのは、「自信がない」ことと「劣等感がある」ことが原因ですね。

しかし、その「自信」も「劣等感」も、結局は自分で決めていることです。

ならば、「自信を持つ」ことも「劣等感がない」ことも自分で決めてしまえばいい!

そういうことではないでしょうか。

 

  • 自信はある
  • 困ったときは人が助けてくれる
  • 誰もが劣等感をもっている
  • しっかりと自分を褒める!

こういったことを、日々、自分で決めていけばいいのだと思います。

自信を持つための工夫

自信を持つためには、「ありとあらゆる工夫をする」ことがとても大切です。「工夫の仕方を工夫する」といってもいいかもしれません。「成長したい」ということで相談に来られる方がかなりいますが、ひととおり話を聞いて、「これやってみましたか」「あれは?」「こういうこともできますが?」と尋ねると、ほとんど何も手をつけていないのが普通です。

 

結局のところ、「自信がない」と言いつつ、何もやってないことが問題ですね。

「挑戦が怖い」「実践が面倒」を、「自信がない」に言い換えているだけのような気がしてきました。

「挑戦が怖い」と言うと、厳しいアドバイスが返ってくる。

「自信がない」と言うと、やさしく励まされる。

だから、「自信がない」と言うほうが心地がいいのです。

日記「自信がない」って心地いい~過去を見ていれば、挑戦も成長もしなくていい

 

自信を持つための工夫とは、例えば、次のようなこと。

  • 人より多くやる
  • 人より長くやる
  • 倍の速さでやる
  • 今までと違うやり方でやる
  • 今までと違う順序でやる
  • PDCA(計画・実行・検討・実践)を回し続ける
  • 人に頼る

 

とにかく、やってみよう。

まとめ

「自信がない」と言い続けるのではなく、「自信を持つための工夫」をし続けよう!と、この本を読んで思いました。

「自信を持つこと」が、「成長」です。

 

ということで。

 

まとめ

成長思考とは、「自信を持つ思考」

どれだけ自信を持てたかを、成長の尺度にしてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です