ひらがな/英数切替が一発でできる~「変換/無変換キー」を活用しよう【パソコン操作をもっと速く】

かなりの優遇席にいるのに、使ったことがほぼないという「変換」「無変換」キー。ひらがな/英数切替として活用しよう。とても便利です。

 

半角全角キー

↑このキー、使いにくい。今がどっちなのか、わからないし。

ひらがな/英数切替を、「変換」「無変換」に割り当てる方法を説明します。

Google入力モードでの設定方法

注意
基本は、IMEモードでもほぼ同じです。同じように試してみてください。

1.(通常は)画面の右端にある、文字入力を右クリックする

2.プロパティをクリックする

3.キー設定の選択の「編集」をクリックする

4.「Henkan」「Muhenkan」で、「IMEを有効化」「IMEを無効化」に変更する

一番上の「入力キー」という部分をクリックすると、ローマ字順に並ぶので見やすくなります。

 

コマンドを変更する
上の図の赤枠部分が変更か所です。

黄色い部分はお好みで変えるといいでしょう

 

【変更か所】

  • Henkan(入力文字なし):IMEを有効化
  • Muhenkan(入力文字なし):IMEを無効化

 

【モードの意味】

  • 変換前入力中=変換(スペースキー)を押す前
  • 変換中=変換(スペースキー)を押した後

 

【こちらはお好みで】

カタカナにしたいとき、「F7」を押しますよね。

F7が遠くて使いづらいので、次のようにしてみました。

  • 変換中に「変換」キーを押すと「カタカナ変換」
  • 変換中に「ひらがな」キーを押すと「ひらがな変換」

 

そのあたりは、使うなかでお好みで設定すればいいと思います。

そのほかにも、いろいろ割り当てが変更できるので、いろいろ試してみると心地良い設定が見つかるかもしれません。

半角/全角キーは使いづらい

ひらがな/英数切替は、ずっと当たり前のように、半角/全角キーを使っていました。

ですが、かなりイライラすることが多かったです。

勢いよく入力し始めたら、英数モードだったとか。

逆に、英数を入力したいのに、ひらがなが出てしまうとか。

しかも、今がどっちなのかが表示されないため、とてもわかりづらい。

ナンバーロックキーみたいに、ランプが光ってくれたりするとわかりやすいのになぁとずっと思ってました。

あまりにもストレスがたまってしまい、調べたところ、「変換」「無変換」キーに割り当てるという裏技を知り、嬉しくなりました。

これ、本当にいいです。もっと早く調べておけばよかった。

一番いい位置にいながら、ほとんど使われない「変換」「無変換」

もったいないですよね。

ぜひとも、自分好みにカスタマイズしてみてください。

 

ちょっとイライラが減った

いちご

工夫次第で、パソコン操作はもっと便利になります

 

ということで。

 

イライラがくれたもの
イライラしてないで、自分好みに変えてしまおう!

カスタマイズという考え方を、日常生活にも取り入れたい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です