「人たらし」のブラック心理術|いつも笑顔で。嫌われたら、キッパリあきらめよう

 

笑顔で、相手の目を見て、たくさん話すこと。結局は、一番オーソドックスなやり方が最強だということ。

 

この本は、タイトルほど、ブラック心理というわけではありません。

わりと普通の心理学の話が書いてありました。

結局のところ、笑顔が一番なんだなぁと思いました。

 

「『人たらし』のブラック心理術」by 内藤誼人

話し終わりに「イ」をつける

笑顔を意識するって、けっこう疲れますよね。

とても簡単な方法が書いてありました。

それは、語尾に「イ」をつけることです。

もちろん、声には出しません。

 

「ありがとうございました(イ)」
「よろしくお願いします(イ)」

 

笑顔笑顔…と思うよりも、「イ」をつけるだけなら、そのときの気分に関係なくできそうです。

相手のまばたきの数を数える

人の目を見て話すって、けっこう難しいですよね。

私はいつも、首のあたりを見てしまいます。

だけど人は、目を見てくれただけで、信頼度がグンとアップするそうです。

絶対に目を見たほうがいい。

では、どうしたらいいか?

相手のまばたきの数を数えるといいそうです。

自分の中では、数えることに集中するので、「恥ずかしさ」に意識が向かなくなるのです。

同じ話を繰り返さない

同じ話を繰り返す人は、確実に嫌われるそうです。

いやですよね、「また、この話だ…」と思うのって。

私と話したことを覚えてないのかな?という気持ちがして、不信感を抱くことになります。

ただ、同じ話を繰り返さないためには、雑談の引き出しをたくさん用意しておかなければなりません。

けっこう高度です。

だけど考えてみれば、相手に喜んでもらおうと思って、話題を用意することって、とても大切な行為かもしれません。

自分のために努力してくれてるっていう姿勢が、信頼を生み出しそうです。

ちょっと努力してみようかなぁと思いました。

いったん嫌われたら、修復はできない

いったん嫌われてしまったら、そのイメージが回復することは、ほぼないそうです。

だから、嫌われたらあきらめる。

そこで苦労するよりも、新しい人とゼロから関係を気づくほうが、よっぽど簡単。

だから、学校でいじめがある場合も、できることなら転校させてあげたほうがいいそうです。

会社でいじめがある場合も、転職してしまったほうがいい。

嫌われたことに執着せずに、サッと環境を変える。

心理学者にそう言われると、ちょっと安心できます。

なお、人の印象は3回目までに決まり、その後は変わらないそうです。

だから、3回目までで好印象を与えられなかったら、それもサッとあきらめたほうがいい。

仕事のセールスでも同じです。

それが、人間関係をスムーズにする秘訣だそうです。

まとめ

私は、人と話すことが苦手なので、克服できるように試してみようかと思いました。

コミュニケーションは技術。

技術は、磨くしかないですね。

 

ということで。

 

まとめ
話し終わりには「イ」を心の中でつぶやいてみよう。

印象が変わるかもしれない。

嫌われたら、サッパリあきらめよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です