【イライラ解消】怒りっぽい性格を改善したいなら甘いものを控えるべし。

イライラ

甘いもの好きの自分には、衝撃の事実。なんと、甘いものを我慢するとイライラが解消するそうです。

 

疲れているときは、甘いもの。

イライラしているときは、甘いもの。

つい、食べたくなってしまいます。

だけど、甘党な人ほど怒りっぽい人が多いのだそうです。

甘いものを我慢したほうがイライラは解消するのでしょうか?

甘党の人ほど、怒りっぽい

さて、これは、「卵が先か? ニワトリが先か?」という議論にもなりそうですが。

甘党だから、怒りっぽいのか。

怒りっぽいから、甘党になるのか。

カリフォルニア州の結婚問題研究所のデータによると、相談にくる夫婦4組のうち3組が、夫婦ともに甘党なのだそうです。

怒っているときは、アドレナリンが分泌されます。

アドレナリンは、血液中の糖分を消費してしまうため、甘いものを必要とするそうです。

ということは、怒りっぽいから、甘党なのでしょうか。

糖分がなくなると、アドレナリンも落ち着く

血液中の糖分がなくなるというのは、アドレナリンのエネルギーがなくなることにもなるので、怒りもおさまるそうです。

つまり、むやみに甘いものを食べるのは、アドレナリンにエサを与えるようなもの。

ますます怒りが爆発するというわけです。

甘いものを食べると落ち着くのではなく、アドレナリンにエネルギーを与えてしまうことになるんですね。

とても怖い事実です。

たしかに、食べている最中は、ちょっと落ち着いても、食べ終わった後は、結局イライラが続いています。

イライラしたときには、甘いものは控えるべし。

そんな簡単なこと、今まで知りませんでした。

 

ということで。

 

まとめ
次からは、イライラしているときに甘いものを食べるのはやめてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です