違和感こそが成長の方向~心のざわつき・痛みを重視してみよう

違和感を抱いたら、成長のチャンス。安心・安全は、現状維持です。
違和感、ざわつき、痛み、それらは、良いことが起きるキザシなのだととらえてみよう。

 

違和感を避ける
ざわつきを避ける
痛みを避ける

 

それが必要なときもあるけれど、実は、成長の大チャンスなのかもしれない。

その方向へ歩んでみるというのも、新たな自分に出会う一歩になるのかもしれませんね。

筋肉をつけるためには、筋肉痛、筋肉ばなれを経験しなければならない

何の痛みもない。

安心かもしれないけれど、それは、「現状維持の安心」ということを心にとどめておいてたほうがいい。

筋肉を鍛えるには、筋肉痛はつきものです。

ちょっとした違和感、心のざわつき・痛みは、成長するためには通過しなければなりません。

ただし、心が弱っているときは、安全を求めたほうが良い場合があります。

まずは回復をしなければ、どうにもならないからです。

けれども、成長しようという意欲が出てきているにも関わらず、違和感を避けるようなら、ちょっと立ち止まって考えてみたほうがいい。

この違和感を避けて、本当にいいのだろうか?

痛みを乗り越えた先に、新しい自分が待っている。

変化を起こせないのは、違和感が怖いから~コンフォートゾーンから出てみよう

慣れ親しんだ場所は、やはり安心するし、楽しい。

いわゆる、コンフォートゾーンというものです。

自分にとって安全な場所。楽しい場所。それも大事。

でも、変化をしようと思ったら、その先に行ってみなければなりませんね。

ちょっとした違和感を楽しめるようになったら、どんなに自由になれるだろう?

そんなことを考えたら、やってみようと思えてきました。

 

違和感・ざわつき・痛みを感じる方向へ。

ときには勇気を出してみるのもいいかもしれない。

 

筋肉痛を感じたとき、「よかった、筋肉を使えてる。」とうれしくなるものです。

心に痛みを感じたときも、「よかった、心を使えてる。強くなれるかも?」と喜べばいい。

 

そんなことを意識してみようと思いました。

 

ということで。

 

まとめ
違和感・ざわつき・痛みの方向へ!

そこから変化が起きてくる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です