なぜ伝わらないのか~いま何を感じているか、言葉にできますか?

ライティング

「伝わるかどうか」よりも、「伝えたい」と思っているかどうか。

気にするべきは、自分は今、何を感じていて、何を伝えたいのか。

 

「伝わるかどうか」にこだわりすぎると、技術に偏る。それが、書いてることと話してることにギャップが生じる理由です。

自分の思いを伝えればいいのではない~言葉の空気清浄機を

大事なことは、人に何かを伝えようと思ったとき、自分の思いをそのまま伝えればいいのではない、ということ。

 

「伝える」ことは、いわば、空気清浄機。

 

空気中にある汚いものをクリーンにして、キレイな空気を出す。

人に伝えるには、必ずクリーンにしなければなりません。不純物の混ざった思い・言葉を、キレイに変換すれば必ず伝わるのではないでしょうか。

たとえ、たどたどしい言葉であっても、スムーズではなかったとしても、キレイであれば喜ばれる。

「伝わらない」「喜ばれない」のはクリーンにしてないから。つまり、自分の考えに偏りがあるのでしょう。

よく、「本音が言えない」というけれど、多くの場合、本音に問題があるからです。

キレイな本音なら、言えないはずがない。

どうすれば、クリーンにできるのか?~書くことの効能

言葉をクリーンにするためのオススメは、「書く」ことです。

「書く」とは、思考と感情をクリーンにする作業。

まずは吐き出さないと、クリーンにはなりません。

吐き出さずに表面だけをキレイにしようとすると、うわべだけの言葉になる。

どんなに汚い言葉でも、誰にも見せなければ迷惑をかけません。

まずは自分一人で、どんどん書いていくことがオススメ。

吐くだけ吐いたら、必ずスッキリします。

ただし、誰にも見せないとは言っても、自分自身に対しても嘘をついてしまうのが人間の弱いところ。

なかなか書けないんですよね。

どうしたらいいのでしょう。

「まず感じる」を心がけよう

書くためにも、「まず感じる」ことが大切です。

自分は今、いったい何を感じている?

常に問いかけてみましょう。感じる前に書こうとすると、伝わらない言葉しか書けません。

書く前に、そして伝えようとする前に、自分の気持ちを確認することです。

 

  1. まず感じる。
  2. なぜそう感じるのかを書く。
  3. どう伝えたらいいかを書く。
  4. 伝える。

 

この順序がいいと思います。

うれしいなら「なぜうれしいのか」、悔しいなら「なぜ悔しいのか」

ひとつひとつ、明確にしていかなければ自分にも伝わらない。

「やりたいこと」がわからなくなるとき、「まず感じる」ことを置き去りにしているからではないでしょうか?

「感じる」ことをやめて、「理性」だけで考えようとすると、空っぽな気分になってきます。

 

 

ということで。

 

memo

感じて、書いて、深めてみよう。

自分にも他人にも、言葉の空気清浄機が必要!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です