レジでイライラしない方法~店員さんのストーリーを創ってみる

感謝

コンビニの店員さんの手際が悪かった。

思わず、イラッ・ムカッとしてきた。
「早くしてほしい……」

その言葉をグッと飲み込んで、自分の中でストーリーを創ってみた。

 

店員さんの見た目からして、きっと子育てが一段落ついた主婦の方かな……
(決めつけではなく、あくまで自分作のストーリー)

今まで子育てにいっぱいいっぱいで、何もできなかった。

やっと手が離れて、久々に自分の時間ができた。

何か新しいことを始めてみようかな。

そうだ、働いてみようかな。

しばらくの間、働いていなかったので、社会生活に適応できるかどうか不安。

それでも、勇気を出して挑戦してみよう。

 

そんな気持ちで、働き始めたとしたら。

私が、「早くしてよ!」とイライラしたら、どう思うだろう。

せっかく頑張って社会に出てみたけれど、お客さんにイライラされて落ち込んでしまい、働く意欲を失ってしまったとしたら……。

一人の人の、働きがいを奪うことは、よくない。

 

そう思いながら、ゆっくりしたレジ打ちを、笑顔で待ってみる。

最後に店員さんが何か話しかけてくれた。

あいにく、声が小さすぎて聞き取れなかったんだけれど。

笑顔で応じたら、にこやかな雰囲気になった。

イライラせずに過ごせて、自分も気分がよくなる。

 

「働きがい」って、感謝されて生まれるものだと思う。

だから、働いてくれてる人に、感謝を捧げてみよう。

 

イライラするのはやめて、ストーリーを創ってみる。

コンビニでの買い物のたびに、そんなことを考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です