イライラする理由は、無視されたと感じるから。無視を感じさせなければ全てがうまくいく。

 

自分が無視されてると感じるから、イライラする。仕事をするコツは、無視を感じさせないことかもしれない。

 

アタシを無視しないでくれ!

いちご

 

イライラするのは、自分が無視されていると感じるから。

ということは、周囲も、きっと同じ。

相手に「無視された」と感じさせないことが、うまく仕事を進めるコツではないでしょうか?

人は、無視されるとイライラする

「愛情」の反対語は、「無関心」だと言います。

文句を言ってくるのは、ある意味で愛情の裏返し。

人間にとって、文句を言われることよりも、無関心・無視が一番傷つく行為です。

職場で起きるトラブルも、この「無視」というのが大きな要因なのではないかと思いました。

例えば、私の業務は、皆から書類をもらわないと始めることができません。

だけど、書類を出してくれない人は、いつもいるんです。

何度言っても、忘れられてしまう。

何度言っても、できない。

いつも同じ注意をしている。

どうしてなのよ!!と、ついイライラしてしまいます。

そのイライラの原因は、「皆が仕事を覚えないこと」でも、「自分の業務が始められないこと」でもない。

実は、期日を守ってくれないと、「私を無視された」と感じてしまうのです。

正直なところ、相手に、仕事ができるようになってほしいと願っているわけではない。

「私を無視しないで!」と言いたいだけです。

だけど皆は、私を無視しているわけではありません。

というより、私のことなんて考えてもいません。

自分のことで頭がいっぱいで、余裕がないだけです。

こうしたら、相手はどう思うだろう?とか、そんなことを考えているヒマはまったくないのです。

自分のことで余裕をなくして、決められた期日を守れなかったとき、「なんで自分はこうなんだろう…」と自己嫌悪に陥ることがあると思います。

でもそのとき、「相手は無視されたと思ってるかもしれない」という気持ちになることって、ほとんどないですよね。

最初は他の仕事で忙しくて、その次は自己嫌悪で忙しくなる。

そこに相手の存在はまったくないのです。

だから、「無視された」と感じてしまう。そしてイライラする。

そんな構図なのだと思いました。

そういう意味では、報告・連絡・相談という業務は、相手を無視しない!という姿勢のこと。

つまりは、相手のための行為です。

自己嫌悪するよりも、相手が感じている疎外感を解消しなければならない

自分のことで余裕をなくすと、相手は無視されたと感じる。

それは、逆の立場になったとき、注意しなければならないなぁと思いました。

反省とか、自己嫌悪とか、そんなことが求められているわけではないのです。

「気にかけてくれてありがとう」と、相手の気持ちに寄り添うことができるかどうか。

自分が失敗したとき、そして相手が怒っているとき、謝っても解決しません。

なぜなら相手は、「自分が無視された!」と怒っているのに、「いっぱいいっぱいだったんです」と言ったところで、おさまるわけがない。

無視された!と怒る理由は、何なのか。

「こっちは相手のことを考えているのに、相手はこっちを考えてくれない。無視された」

それが、無視されたイライラです。

だから、「考えてくれてありがとう」というのが、一番に考えることです。

それを、「こんなこと言われちゃった」「また怒られちゃった」とばかり言っているから、何も解決しない。

人間の感情って、きっと、そういうものなのだと思います。

難しいことだけれど、心がけてみたいなと思いました。

 

ということで。

 

まとめ
期日を守れないと、相手は無視されたと感じる。

ちゃんと期日を守ったり、相談したりすると、相手の気持ちが満たされる。

報告・連絡・相談は、「あなたのことを無視していませんよ」というメッセージの伝達。

無視されたと感じさせないときに、信頼は生まれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です