ブロックチェーンが世界を変えるの?~Next X Asiaカンファレンスに参加してみた

 

ブロックチェーンって、いったい何? よくわからないので、まずは雰囲気を感じるためにセミナーに参加してみました。

 

最近、「ブロックチェーン」という言葉を、書店やネットでよく見かけます。

なんだろう?と思っていたのですが、これを知っておかかないと今後の世界についていけないらしい。

そんな話をチラッと聞いて、たまらなく気になってきました。

参加費1000円というお手頃なセミナーを見つけたので、行ってみました。

 

ゼロ秒思考の赤羽さんが主催されているセミナーです。

Next X Asiaカンファレンス第1回
「イノベーションを加速する日本・アジア発エコシステムの構築を目指して」

 

何もわからなかったので、本当に雰囲気を感じるのみでした。

ただし、なんだか日本はとっても遅れていて、このままでは良くないということは伝わってきました。

正直なところ、ブロックチェーンがどうこうよりも、登壇者の話し方や雰囲気に学ぶことが多かったです。

海外のプレゼンはすごい

IBMのJules Millerさんの話に魅了されました。(同時通訳付きでした)

何が違うって、プレゼンのやり方がやっぱりスゴい。日本は本当にプレゼンが下手だなぁと感じました。

きっと、人に伝えるという文化が根づいているのだと思います。そして、訓練もたくさん受けているのでしょう。

「言わなくても察してほしい」という日本文化とは大違い。

どんなに良い技術があっても、どんなに良いアイディアがあっても、伝わらなければ意味がない。

聞いてる人を飽きさせない、面白く伝える、そんな姿を見ていただけでも、もっともっと学ばなくては!という気分になってきました。

勢いで負けるというのは本当だと思いました。

若い人の息吹がすごい

ルーテックス株式会社の大森貴之さんの話にも魅了されました。

学生時代にシリコンバレー、イスラエル、ロシア等でのインターンや調査を経験するという、すごい経歴で、若い感覚がとても光っていました。

Jules Millerさんにも劣らないほどのプレゼン力。もっと聞きたいという気持ちになってきます。

日本を本気で考えていることが伝わってきて、自分の視野の狭さが恥ずかしくなったほどです。

若い世代もこんなに頑張っているんだということに希望を感じ、自分も頑張ろう!という元気が出てきました。

若い人から学ばせてもらうって、大事ですね。

今年、宇宙に5回行くという人がいた

参加者の中で、宇宙事業をされている人がいて、今年は宇宙へ5回も行くそうです。

とても驚き、思わず聞いてしまいました。

 

宇宙って、そんなに行けるものなのですか?

 

なんと、3年もすれば3万円で行けるようになるとの返事。

3万円??? 誰でも行けるじゃないですか。宇宙って、そんなに身近だったでしょうか。

 

でも、訓練とか必要なんですよね?

 

その返事も、驚きの内容でした。

 

訓練なんて必要ない。日本はウソだらけなんだ。海外に遅れをとるのは当たり前だね。

 

なんということでしょう…。

日本は携帯電話だけではなく、あらゆる分野がガラパゴスなのでしょうか。

すべてが新しい情報で、何も知らないのにもかかわらず、日本はどうなっちゃうんだろう…なんていう気分にもなってきました。

そういう情報に触れるだけでも、とても意義が大きいと感じます。

まとめ

ブロックチェーンについては、まだまだ詳しいことはわかりませんが、最新の技術や海外事情を聞いただけで、心に大きな刺激が生まれました。

まったく関係がなかったとしても、最先端や一流に触れることは大事なのですね。

自分が活用するかどうかは別。技術をマスターするかどうかは別。

自分にとって意味があるかどうか、関係があるかどうかよりも、気になったら吸収してみよう!と改めて感じました。

自分のなかで、必ず、新しい何かが芽ばえてるはず。

ちなみに、会場がとてもステキでした。貸し会議室かと思っていましたが、ブロックチェーンのビジネスハブでした(BINARYSTAR株式会社)。

銀座の一等地に、カフェのようなオシャレな空間。

BINARYSTARのセミナーは、お手頃な価格でレベルが高い。場所もステキ。

おススメです。

 

ということで。

 

まとめ
ブロックチェーンが今後の世界の主流らしい。

よくわからないけれど、機会があったら触れてみよう。

何も知らなければ、何もできない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です