自分を幸せにするのは、脳である~脳を理解して自分を満たそう

心理学

脳を理解すると、自分自身とうまく付き合えるようになっていきます。
今、自分には何が必要なのか? どうしたらいいのか? 脳の仕組みで考えてみよう。

 

人間には、理性もあれば本能もある

 

理性も本能もフル活用し、すべてをバランスよく満たしてあげることが、自己満足につながります。

 

「魚の脳」はモクモクと、たんたんと生きている

脳の中心は、「魚の脳」。

難しい言葉では、「脳幹」と呼ばれている部分です。

これは、私たちが意識しているものではありません。心臓や細胞などは、意識して動かしているわけではありませんよね。

ただひたすら、モクモクと、私たちの体を動かし続けてくれているのです。

反射神経も、「魚の脳」です。

水槽に指を入れると、魚は瞬間的に逃げますよね。

それが、「魚の脳」の働きです。

この脳があるおかげで、私たちは、何も考えずに生きていくことができる。

24時間、休むことはないそうです。

自分の脳に、感謝してみよう。

「動物脳」の三大欲求~食欲・性欲・集団欲

「動物脳」とは、いわゆる「本能」です。

本能で動くとき、自分でも「動物みたいだな」と思いますよね。まさに「動物」の脳です。

私たちは、どんなに進化しても、「動物脳」は手放さなかったわけです。

だから、本能を満たしてあげることも、大事なこと。それが「ストレス発散」の意義です。

オオカミの遠吠えを想像してみましょう。

遠吠えには、ストレスを発散する意義があるのではないかとも言われています。

動物は、抑え込まれると吠えたくなるのです。

だから、「お祭り騒ぎ」とか、「赤ちゃん返り」というのは、大事なことだそうですよ。

たまには、動物である自分を満たしてあげよう。

クリエイティブ脳&知識脳~人間は「理性」を備えた動物

人間がもっとも発達させた脳。「理性」ですね。

理性は、2つにわかれるそうです。

ざっくり言うと、「クリエイティブ脳」と「知識脳」。

知識をためこむ領域と、それを創造的に発揮する領域。この2つのバランスで、人間は文明を築きあげてきたのです。

ちなみに、「知識脳」は、イルカやサルも持っているそうです。

ただし、クリエイティブ脳がないから、本当に言われたことをそのままやるだけ。

だから、言われたとおりにやることを「サルマネ」というわけです。

言われたとおりにやるのも大事。そこからクリエイティブに発揮するのも大事。

両方のバランスです。

クリエイティブ脳だけを重視すると、犯罪や戦争にも発展してしまいます。

「戦争するのは人間だけ」と言いますが、それは「クリエイティブ脳」があるためです。

良いものを創造するか、悪いものを創造するか、それは自分でコントロールしなければなりません。

せっかくなら、良いものをクリエイティブしよう。

まとめ

人間が幸せに生きていくためには、すべての脳をフル活用するしかありません。

どれか1つだけでは生きていけないのです。

バランスを大事にしつつ、あらゆる角度から自分を満たす必要がありそうですね。

 

ということで。

 

まとめ
どれか1つが欠けてもダメ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です