挨拶の喜びを、駐車場のおじさんに教わった

駐車場のおじさんの笑顔が好きだった。

作り話のような本当の話。

 

「おはようございます!」
「いってらっしゃい!」

 

いつも明るく元気に、目を見ながら声をかけてくれる、駐車場のおじさん。
駐車場の前を通るのが楽しみで仕方ない。

満面の笑顔で、大きな声で。

憂うつな日は、その声を聞くと元気になる。
元気な日は、ますます元気になる。

だから、ちょっと遠回りなんだけど、わざわざその駐車場の前を通りたくなる。

いつも不思議に思っていた。

このおじさんは、どんな気持ちで働いているんだろう?
駐車場の利用者にだけではなく、道ゆく人、全員に声をかけてくれる。

近くに小学校があるので、子どもを守りたいという気持ちかな。
交通事故をなくしたいのかな。
明るい町にしたいのかな。

何かしらの想いがあるはず。
でなければ、あんな笑顔は出てこない。
「やらされ仕事」ではない、本当の仕事をしている気がした。

だけど、あるときから姿を見せなくなった。
新しいおじさんが立つようになっていた。

あのおじさんは、どうしたんだろう?

気になったので、聞いてみた。

「今までの人は、辞めちゃったんですか?」

「体調を崩しちゃってね。彼は、ここの仕事を気に入っていたから、残念がっていたけど……」

そうだったんだ……
本当に残念。

「いつも挨拶してくれるので、うれしかったんです」

「彼は、仕事が楽しいって言ってたよ。ここに来ると元気になる、と」

あぁ、やっぱり……。
本当に楽しそうだった。やっぱり心からの笑顔だったんだ。

「僕も引き継いでみて、感じたよ。本当に楽しいんだよ。挨拶をするのが。話しかけてくれる人もいるし。この仕事はいいね」


なんと!

こんなにも楽しく仕事をしている人って、
自分の仕事が好きだと言える人って、
どれくらいいるだろう。

だから、駐車場の前を通ると、いつも元気になるんだな。
そういう働き方っていいなと思った。

そんな気持ちで働いてみたい。

仕事の喜びと、挨拶の喜びを、駐車場のおじさんに教えてもらった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です