タスクバーの位置を横にすると、作業が速くなることがわかった

タスクバーの位置を横に変更

タスクバーを縦にすると、タスクバーへの依存度が減ります。タスクバーを表示するよりもショートカットキーで作業しよう。

 

タスクバーを縦にするメリットとは?

 

いちご

必然的に使用頻度が減るのです

 

そのぶん、ショートカットキーを使うようになる。なかなか良いなと思いました。

タスクバーの位置を変更する方法

1.タスクバー(黒い部分)を右クリックする

タスクバーを右クリック

2.「タスクバーの設定」をクリックする

3.「画面上のタスクバーの位置を」変更する

タスクバーの位置を変更する

右か左かはお好みで
私は、右手でマウスを持つので「右」にしてみました。

タスクバーを表示したいときに、手の移動が少ないので。

 

4.タスクバーが縦になった!

タスクバーを縦にする

 

タスクバーにピン留めしているアプリをWindowsキーでひらこう

Windowsキーって何?

タスクバーにピン留めしているアプリは、Windowsキーを使ってひらくことができます。

Windowsキーとは、これです。

ウィンドウズキー

このキー、何に使うの?って思っていましたが、使いこなせると意外と便利なんです!

Windowsキー+数字キーでアプリがひらける

「Windowsキー」+「1」で一番上にあるアプリがひらきます。

(タスクバーが下にある場合は、一番左にあるアプリ)

そこから順番に、2,3,4…でひらきます。

タスクバーのショートカットキー

<strong>タスクバーにピン留めする方法</strong>
アイコンを右クリックして、「タスクバーにピン留め」を選ぶとピン留めされます

ピン留めの順番はドラッグ&ドロップで変更可能です。

 

<strong>Alt+F4 </strong>で終了

これでシャットダウンや再起動ができます。

タスクバーが横にあると依存度が減る

Windowsキーを使ってアプリをひらけることは知っていましたが、タスクバーが下にあると、ついついマウスで探してしまうんですよね。

タスクバーを横に変更したあとも、ついつい下を探しにいってしまいます。

そのときに、「おっと、下には無いんだった!」と思うので、頑張ってWindowsキーを使うようになる。

わざわざ横に行くのが面倒だからです。

それを続けていくと、タスクバーへの依存度がみるみる減っていきます。

これが結構なストレスフリーを起こしてくれます。

 

タスクバーを視界から消して、ショートカットキーを活用しよう!

 

ということで。

 

イライラがくれたもの。
視界から消すって、かなり良い方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です