【起業する?しない?】好きな仕事をしたいという理由では失敗する!「○○が好き」ならばOK!

起業

起業したほうがいいのか? 会社員のほうがいいのか? 迷ったときは何を基準に決めたらいいでしょうか。
実は、「好きなこと」以上に、大切な基準があるのです。

 

起業なんて、甘いもんじゃない

いちご

 

「起業は甘くない」とは、誰もが感じていることだと思います。だから、なかなか勇気が出ないですよね。

さまざまな気持ちが行ったり来たりすると思いますが、その見極めは、意外とシンプル。

ずばり、コレ!

 

顧客を好きかどうか」

 

その仕事を好きかどうかではない。何よりも、顧客を好きかどうか。しかも強烈に! 

それが、起業の見極めポイント。

 

でも、「顧客を好き」ってどういうことかな?

 

「ゼロ秒思考」の著者・赤羽雄二さんに、起業の秘訣を教えてもらいましたので、その内容をまとめます。

起業するには?~何時間でも熱く語るほどの強烈な思いがあるか

「強烈な思い」がないなら、起業は忘れよう!

強烈な思いがないなら、絶対にやっちゃいけない

簡単に成功できるほど、甘いものじゃない。むしろ人生が転落する危険性があります。当然ですね。

だからこそ、強烈な思いがないなら、会社員のほうがいい。安易に起業しないほうがいい。

甘い起業は、絶対に後悔する!と断言されていました。

「起業」という選択肢は忘れたほうが得策だそうです。

「強烈な思い」とは、何に対して?

「強烈」とは、「語りだしたら止まらない」こと

では、何に対する「強烈な思い」なのでしょうか?

 

そりゃあ、売るモノに対してでしょ!

いちご

 

一番に出てくる答えは、「自分が売りたい商品・サービスに対して」だと思います。

「好きなことを仕事にしよう」「好きこそものの上手なれ」と、よく言います。

私もずっと、「自分は何が好きなのだろう?」と悩んできました。

好きなことをやりたい、と。

 

だけど、本当に大事なのは、仕事や商品そのものより、何といってもコレ!

 

「顧客」

 

その商品・サービスを売ることで、お客様にどのようなメリットがあるのか? どうなってほしいのか?

顧客のことを、何時間でも話し続けられるほど熱心に研究しているかどうかがポイントだそうです。

相手のことが好きだからこそ、ぜひともこれを使ってほしいという思いですよね。

仕事とは、「顧客ありき」です。

 

仕事の成功 = 顧客の喜び

 

誰も喜んでくれないのに、仕事が成功するというのはあり得ない。

ならば、「相手を喜ばせる」ことに、どれだけ熱くなれるかどうか。

そこがなければ、ただの自己満足であり、独りよがりです。

言われてみれば納得ですが、意外と軽視しがちではないでしょうか。

「技術(商品)さえ良ければ売れるはず」と、思ってしまうのです。

起業で失敗する人は、そのパターンが多いのだろうと思います。

顧客のこと、顧客のニーズを考えていなければ、必ずそっぽを向かれます。

 

私のことを無視した! あの人からはもう買わない!

いちご

 

そうならないためにも、起業する前に、次の2つの仮説を立てておくと良いそうです。

起業する前には、必ず仮説を立てよう

起業前に立てる仮説
  • 顧客が、泣いて喜ぶこと
  • 顧客が、新たな顧客を呼んでくれる方法

 

新たな顧客を呼んでくれるとは、「口コミで広まる」ということですね。

一人の顧客が、どんなふうに広めてくれるのか、その仮説を立てておくと事業プランも立てやすくなるようです。

未来の顧客を想像し、その顧客が泣いて喜んでいる姿を想像し、そこに熱くなる。

起業するかどうかを迷うなら、そこを深めてみるといいと思います。

必要なのは、熱意・向上心・柔軟性~そこは人に頼ろう

強さ・弱さは伝染するもの。強い人に近づこう。

熱意や向上心があっても、心がかたくなになっていたら、良い結果は生まれません。

柔軟性があっても、熱意や向上心がなければ、ふわふわしているだけです。

 

今、自分の「熱意・向上心・柔軟性」はどうか? 

 

そこを常にチェックしていくといいですね。

 

とはいえ・・・

 

熱意も向上心も続かないよ

いちご

 

そうです、人間だから、落ち込むこともあれば、意欲をなくすこともある。

「いつも熱意と向上心にあふれている」という幻想は、持たないほうがいいです。

なぜなら、熱意と向上心がなくなってきたときに、自分を責めてしまうから。そのせいで立ち直りも遅くなります。

 

では、どうするか?

 

熱意と向上心のある場所や人へ、近づこう

 

強さ・弱さは必ず伝染するもの。弱くなっているなら、弱い人ばかりの環境にいるのかもしれません。

自分の望んでいる方向へ近づいていくことがオススメです。

そういう意味では、「人に頼る」ことが大きなポイントになりますね。

「自分が」とか、「自分で」とか、自分一人だけで何とかしようと思っても、時間をムダにするだけ。

ほどよく人を頼りながら、人の熱意をもらいながら、うまく進んでいくことが大切なコツです。

多数のオプション(選択肢)を持っている人が、生き残る人

ほかの道も考えよう。選択肢は1つじゃない。

起業するにしてもしないにしても、または何をするにも、選択肢は1つだけじゃないほうがいいそうです。

たくさんのオプション(選択肢)を持っていることが、幸せへの道。

 

これじゃないとダメ!
これがないとダメ!

 

そういう1つへのこだわりではなく、いざとなったら他のこともできる、他の選択肢もある、そういう余裕が必要なのですね。

起業だけではなく、次の2つも視野に入れておくといいようです。

逆に、起業に興味がない人も、次の2つに加え、起業という選択肢も持っておくといいです。

経営改革を推進する

今、勤めている会社で、経営者側に立つこと。

たとえ平社員であっても、経営者目線に立って仕事をすることはできます。

力と機会があるなら、経営改革を推進するチームに入る。

経営者目線に立てる人は、何をするにもうまくいきますよね。

会社だけではなく、何かの集まりに所属したり参加したりする場合には、リーダー側の目線を意識するといいかもしれないと思いました。

リーダーシップを身につける一番良い方法です。

転職する

海外では、転職は重要な選択肢の1つになっているようです。

日本の事情もだいぶ変わってはきましたが、まだまだ「一社で勤めあげる」という風潮もあります。

選択肢が狭いのは、良くないことだと改めて感じました。

戦略的に転職をしていくことは、大事なスキルの1つになりそうです。

まとめ

この話を聞いていて、ブライアン・R・リトル教授の「ハーバードの心理学講義」を思い出しました。

ブライアン・R・リトル教授は、心理学の教授で、ハーバードの大人気講師です。

そんな教授も、実は超内向型だそう。

超内向型の教授が大人気になった秘訣は何かというと、「『心理学』と『学生』をこよなく愛しているから」と書かれていました。

「心理学が好き」だけじゃダメ。「学生」を好きかどうか。

つまり、「顧客」をこよなく愛せるかどうか、ですね。

これまで、起業に興味はありつつも、「顧客」を考えているかどうか?という視点はなかったです。

「特技」とか「好きなこと」とか、「自分に何ができる?」とか、自分にばかり目を向けてしまっていました。

でも、他者目線がなければ、仕事が成立するわけがない。

どれだけ「人のため」「顧客のため」という熱い思いに立てるのか。

起業する・しないに関わらず、深めてみる価値があると思いました。

 

ということで。

 

まとめ
未来の顧客に対し、どれだけ熱い思いをもてるか?

顧客を好きかどうかが起業の見極めポイント!

熱い思いがないなら、起業は忘れよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です